オルニチン 摂取量

オルニチンの摂取量はどれくらい?

サプリメント

 

オルニチンは肝臓の働きをサポート!

 

オルニチンは、遊離アミノ酸の一種です。

 

アミノ酸は身体を維持する上で重要な役割をしていますが、その多くはタンパク質の中に存在しています。

 

しかし、そのタンパク質にならないアミノ酸があり、それが遊離アミノ酸と呼ばれます。
タンパク質の中に留まっていないため、オルニチンは身体の中を巡っており、必要とされる場所でアンモニアを代謝する働きをします。

 

このさいにオルニチンがもっとも活躍するのが肝臓で、肝臓の働きを高めて保護したり、
肝臓でのタンパク質の合成を高めるといった働きをサポートします。

 

このため肝臓の機能を改善させることから、アルコールなどを摂取して肝機能が低下している際に
オルニチンを摂取するとアルコールによって発生する毒素のアセトアルデヒドの分解を助けることができます。

 

 

最適な摂取量は目的によって異なる!

 

オルニチンの摂取量は目的によって変わってくるもので、
一般的な目安としては1日あたり500mgから1000mgぐらいが良いとされますが、
より高い効果を得たい場合には、多くの量を摂取することが勧められます。

 

肝臓の健康を維持する場合には1000mgから1500mg、
ダイエット効果を期待する場合には2000mgから3000mgと言われます。

 

なお、オルニチンは非必須アミノ酸であり摂取しすぎてもそれほど大きな影響がなく、制限はありません。

 

また実際に食事から摂取できる量はわずかで、500mgも摂取するのは困難とされます。

 

このため、多くの量を摂取する場合には健康補助食品などで摂取することになります。