オルニチン 体臭 効果

オルニチンは体臭にも効果的?

体臭

 

体臭と肝臓の意外な関係とは?

 

体臭が気になっているという場合、肝臓の機能が低下していることを考えましょう。

 

肝臓の機能は疲労などが減員で低下してしまうのですが、
それによってアンモニアの解毒機能が低下してしまいますし、気になる臭いが発生してしまうのです。

 

それが血液に入り込むことで毛穴からアンモニア臭と汗が混ざって臭いになってしまうので注意しましょう。

 

肝臓の機能が正常ならアンモニアをしっかり分解することができますし、尿として排出されるので問題ありません。

 

 

運動をした時もアンモニア臭が発生!?

 

ちなみに、アンモニア臭は肝臓の機能の低下が主な原因とされていますが、
運動をした時なども汗となって排出されていきます。

 

運動をしている時は筋肉を使ったりエネルギーを消費させることになりますが、
急に運動すると筋肉に乳酸が溜まって血液に流れ出します。

 

そして、血中の乳酸濃度が高くなることでアンモニアも増えてしまいますし、アンモニア臭の汗が出てしまうのです。

 

 

オルニチンでアンモニアの上昇を抑えよう!!

 

アンモニアが発生すると体臭だけでなく疲労の原因になってしまうこともあります。
アンモニアを抑えることで疲労を軽減することができますし、運動の持久力を高めることができるでしょう。

 

ちなみに、アンモニアは筋肉やエネルギーを使うことで常に体内で発生しているものであり、
肝臓がきちんと働いていれば臭いが気になってしまうことはありません。

 

また、腸内環境にもアンモニアは関係しており、オルニチンを摂取してアンモニアの上昇を抑えることが大切です。

 

オルニチンには血液中のアンモニア濃度を抑える効果があるため、疲労を軽減することができるでしょう。